人工関節なリウマチのバツイチ子持ちのそれでも楽しく暮らそうとしている日記。

高校生のころからリウマチで、右ひざに人工関節が入っています。いい妻になろうと努力しようとしていただけなのに、捨てられました。それでも、捨てられた今の方が楽しく気楽に暮らせていますが、現在の私はどん底です。やばいです。このまま楽しく暮らせるといいなという日記です。

状況と感情を織り交ぜるのがイメージ化のポイント?「最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ」

みどりです。

(もうgrenchanめんどうだからやめた。そのころ知ってる人と交流ないし)

 

今日読んだ本は、

「最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ」

最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ (角川文庫)

 

・・・の、22ページから54ページ。

私読むの、おっそw

 

この本は、表紙のイケメン3人と、

「晩ごはん」に惹かれて買ったのです。

軽く読みたいと思うと、

食べ物がテーマの話になってしまう私(照)

 

で、この本は、

たまに難しい言葉や、意味はなんとなくわかるけど、なんて読むの?

みたいな言葉がでてくるのに、

すごい軽快に読めて、

かつ、頭の中で確実にイメージ化できていて、

ドラマが私の頭の中ではっきりと描かれているのです。

 

難しい言葉を使っていて、たらたら書いてる感じなのに、

ついつい、読み進めてしまうのです。

 

その要因は、

・事前に登場人物が紹介されていること

・情景描写と感情描写が良いバランスで描かれていること

なのかなと思います。

 

表現して、それをうまく伝えるには、

リズムが大事なので、難しい言葉を使うとそこでつまづいてしまって、

読む気が失せるのに、

その前後ではっきりと描かれているから、

イメージが途絶えないのかな。

 

それにしても、なかなか本題まで進めない。

読むのが遅い私。

 

どんな話なのかなー?(笑)