人工関節なリウマチのバツイチ子持ちのそれでも楽しく暮らそうとしている日記。

高校生のころからリウマチで、右ひざに人工関節が入っています。いい妻になろうと努力しようとしていただけなのに、捨てられました。それでも、捨てられた今の方が楽しく気楽に暮らせていますが、現在の私はどん底です。やばいです。このまま楽しく暮らせるといいなという日記です。

家族の協力ーそれが一番難しいんですよ。

体重が増え続けて10年。デブになってしまったgrenchanです。

 

家族の協力-それができてれば苦労しないぜ。

 

もう、スリムな頃の私を知る人の方が少ないのではないだろうか。

「痩せたらキレイなんじゃない?」と言われ続けて10年。

いつ痩せるのでしょうか?

 

口下手な私は、「おいしく食べる」ことで、周りとコミュニケーションをとってきました。

食事は、人を楽しい気持ちにさせます。

 

「食べるコミュニケーション」に頼った結果、デブになりました。

 

別にデブでも構わないと思っていたのですが、

「おばさんのデブは見てて辛い」

「着たい服が着れない。ダサいか高いか」

「あせもとかまたずれとかかゆくなる」

 

私は本当に痩せることを決意しました。

・・・たぶん。(←もうすでにダメそうな予感w)

 

今日、コンビニで、こんな本を見つけました。

 

森拓郎の 読むだけでやせる言葉 キレイになりたい人のためのパーフェクトダイエット

 

あー、この手の話はよくあるよねーとおもいつつ、

帯のイケメンを見て、思わず手に取る。

 

この人、有名な人なのね。奥様達が好きそうな顔してるわ。

最近は、男性も見た目に気を遣わないといけなくて、大変よね。

 

で、そこに書いてあった。

 

家族の協力が一番。 

 

・・・・チーン。

それができてれば、太ってないぜ。

 

私がこんなにデブになった一番の原因は、

元旦那のおいしい手料理だし、

なかなか痩せられないのは、親の愛情と、

子どもがどれくらい食べられるかわかってない私の判断ミス。

 

どれも家族がかかわっているのです!!!

 

そもそも「食べるコミュニケーション」も親戚づきあいから生まれたものなのですよ。

私、お約束とか言えないし、みんなが期待している受け答えとか苦手。

 

親は、ダイエットに協力してくれようとしているけど、

やっぱり、子どもはいくつになっても子どもなので、

おいしいものが好きな私の元へ、おいしそうなものをたくさん届けてくれるのですよ。

 

でもさ、私に合わせて、質素な食事とかにはしてほしくないし。

 

かといって、料理も下手だし好きじゃないしね。

 

あ、こうやって言い訳してるから痩せないんだよねー(笑)

 

せめてあと10キロ痩せないかなー。

10キロ痩せてもデブだけどねー。