見たもの。買ったもの。良かったもの。

シングルマザーの良かったもの日記。

偉人有名人たちは、考え方からして違う。

grenchanです。

みどり→green→grenで、grenchanです。

 

「犬のうんちを踏んでも感動できる人の考え方」

 

ひすいこたろうさんって、本当に天才だよね。

ものすごい量の勉強をされているんでしょうね。

 

この話をみつけて、そしてタイトルにまでしちゃう。

 

最初、ふざけてるのかと思いましたし、

「これをください」って店員に出すの、恥ずかしいじゃん。

って一瞬思っちゃいましたよ。

 

だって、これですよ。

 

犬のうんちを踏んでも感動できる人の考え方  ものの見方クイズ (祥伝社黄金文庫)

犬のうんちを踏んでも感動できる人の考え方 ものの見方クイズ (祥伝社黄金文庫)

 

そして、中身は、もちろん素晴らしいもので、

これってさ、有名人のすごいエピソードを、ひすいさんが紹介するから

すごい入ってくるわけ。

 

「犬のうんちを踏んでも感動できる」

なんて、無理やりポジティブに持ってくるのなんて、ちがーう!!!

って思ったけど、話を読んでみたら、超納得。

そして、私まで感動してしまった。

 

秋元康竹田和平奇跡のリンゴの木村さん、鈴木おさむ矢沢永吉・・・

数々の大物の、さりげないだけど、ものすごい考え方のエピソード。

 

だってさ、これの積み重ねですごい人になったんだろうけど、

私が今から真似できるんだよね。

 

「空腹の見方」

の項目なんか、最後に、

 

空腹で、おなかがグーとなったら、それは、あなたが幸せになるサイレンなのです。

 

なんて、素敵じゃなーい!

私、これで、ダイエットスイッチ入ったもん。

 

お腹がすいても幸せを感じられるなんて、その空腹の見方のエピソードの人が考えたのかもしれないけど、そうやって、伝えてくれたひすいさんのおかげ。

 

ものの見方

 

スペシャリストだなんて、本当にすごいなー。

 

 

本日のおすすめ。

犬のうんちを踏んでも感動できる人の考え方  ものの見方クイズ (祥伝社黄金文庫)

犬のうんちを踏んでも感動できる人の考え方 ものの見方クイズ (祥伝社黄金文庫)

「やらなければいけない」が「心からやりたい」に変わる

grenchanです。

 

私はSNSの先生をしています。

集客したい人に向けて、です。

 

あれこれ教えると、みんな、

「やらなければいけない」になってしまいます。

そうなると、達成できないので、どうにかして、モチベーションを上げます。

モチベーションを上げるのも私の仕事かなって思います。

 

というわけで、本日の本のシェアもこちらになります。

 

前祝いの法則

前祝いの法則

 

本当に、ひすいこたろうさんって、言葉遣いの天才。

すごいなー。その才能に嫉妬するよね。

 

なにを目指すかが「夢」だとするなら、なんのためにそれをするのかが「志」です。

  志が定まると、「動機」が愛に根を張り、感謝があふれやすい状態になります。感謝こそ、心の状態がマックスにプラスに満たされた史上最強の状態です。
 すると、「やらなければいけない」が「心からやりたい」に変わります。

 

 

 

自分のためだけでは、100しか出せないけど、誰かのためだと200や300力を出せてしまうものなんです。

 

と、ひすいこたろうさんと大嶋啓介さんは言っています。

 

これホントそう。

 

大嶋さんはよく甲子園球児を例に挙げてるけど、

まさに自分がそうだと思うんだ。

子ども嫌いなのに、我が子のために、苦手な家事も挑戦する。

自分の子どもはかわいいが、人の子どもは、、、って思ってたはずなのに、

いつの間にかかわいくて仕方がなくなる。

だから、そのコたちのために一生懸命動く。

 

子どもたちは、お父さんが喜ぶから、お母さんが喜ぶから

で、信じられないくらいの力を出す。

 

大切な誰かのため

 

だと、火事場の馬鹿力が働くっていうのは本当。

 

成果を出すって、何のために成果を出そうとしているのか。

誰に喜んでもらいたいのか。

 

そこにいきつくと、人は信じられないくらいの力を発揮するのですよね。

 

 

grenchan

「これは僕がしゃべりやすくするためにやってるの。」

grenchanです。

 

大嶋啓介さんの話です。

高校野球のコたちにメンタルトレーニングしてるんですよ。

そのうちの数校が、甲子園出てるんですから、すごいですよね。

 

今日は、この本からシェア

 

前祝いの法則

前祝いの法則

 

名言セラピーなどで有名なひすいこたろうさんと、

その大嶋啓介さんが書いた本。

 

メンタルトレーニングの中でも、

「本気のじゃんけん」というのがあるんですね。

 

これ、楽しいんで、我が家でもたまにやってます。

 

握手して、本気でじゃんけんするんです。

勝っても負けても喜ぶの。

 

子ども向けの講演なんか、

子どもは聞かされてるわけですよ。

それで、この「本気のじゃんけん」をやると、

場が和み、話しやすくなるわけ。

 

 

大嶋さんは、毎日毎日、ときには1日2,3件の講演をこなしているわけですが、

お世辞にもお話が上手とは思えないw

 

だから、いろいろ工夫してるんだそうです。

 

人柄を前面に出す。

これからはもっと、人柄営業だと思います。

 

現に今でも、ひとりよがりな発信してる人って、

相当面白い人じゃない限り、売れてないしね。

 

 

 

grenchan

実績を出してる人の真似をする-「リクルート伝説の営業が初めて教える 必ず買う3%のお客様の見つけ方」

grenchanです。

みどり→green→greenchan→grenchanです。

絶対かぶらないIDを見つけたかった20年前ぐらいにつけたニックネーム。

 

今日はこの本のフレーズの中から。

 

リクルート伝説の営業が初めて教える 必ず買う「3%のお客様」の見つけ方

リクルート伝説の営業が初めて教える 必ず買う「3%のお客様」の見つけ方

 

この手の本、大好きです♪

 

今日のフレーズはこちら

 

実績を出してる人の真似をする

165ページです。

 

 

 どんな仕事もそうですが、一人前になる近道は、実績を出している人の真似をするということです。実績を出している人の真似をすれば、自分も同じように実績が出せるようになるというわけです。

 

私は、SNS活用教室の講師をしていますが、

セミナーは毎回、「楽しかった!」「満足!」と言われます。

えへん。

 

でもそれは、私が「楽しかった!」と思えたセミナー講師の方のところへ、

せっせせっせと足しげく通い、

しゃべり方やタイミング、表情、間など、かなり真似をしたからです。

話の運び方とかね。

 

そして、その方や、周りの営業が上手な人の営業の仕方やタイミングを

よーーーーく観察し、その型を見出し、自分バージョンに当てはめて、

真似したんです。

 

 

真似は成功の近道。

まずは、真似するところから始めればいいんです。

 

 

リクルート伝説の営業が初めて教える 必ず買う「3%のお客様」の見つけ方

リクルート伝説の営業が初めて教える 必ず買う「3%のお客様」の見つけ方

↑こちらの本の紹介でした。ここからAmazonで買えます。

 

 

 

grenchan(みどり)

見方が変わると愛着が湧いてくる。

grenchanです。

 

このブログ続かないなー(笑)

 

見方が変わると、愛着が湧いてくる。

 

という素晴らしい気づきをくれたのは、

この本でした。

 

f:id:grenchan:20180525001055j:plain

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

すっごいおもしろいwww

 

あのトリック、セッティングするのこんなに大変なんだwww

とか。

 

なんか、犯人がいとおしく思えてくる。

 

 

しかも!!!

 

これ、書いてるの、原作者じゃない!!!!(爆)

 

私の目は節穴でありましてwww

 

おまけページみるまで、全然わかりませんでした。

 

誰が書いているのかというと、

 

船津紳平

という漫画家だそうです。

 

f:id:grenchan:20180525001830j:plain

 

twitterみっけ!

 

 

代表作はこれらしい。

はじめての田中論理 (講談社コミックス)

 

 とにかく。これ。

f:id:grenchan:20180525001055j:plain

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

くだらなくておもしろいwww

 

流し読みしたいときにオススメ。

 

 

grenchan

インテリツンデレイケメンの軽い推理小説

grenchanです。

10月に逆算手帳を買いまして。

f:id:grenchan:20180107001929j:plain

 

 

逆算手帳 GYAKUSAN planner 2018年版 A5 ダブルマンスリー(ガントチャート&カレンダー)

これ、4000円もするんだぜww

 

でも、女性脳と男性脳をうまく使い分けた、超優れものだと思う。

長期的目線が、逆算が苦手な私が、感動して、無理して買ったもの。

 

でね、叶えたいリストの欄が一番最初なの。

そこで、私は、

 

45、一週間に1冊、本を読む

 

って書いたの。

 

年間逆算シートにも、欄を設けたわ。

 

で、書いたのに、いきなり挫折しそうだったから、

急いで読んでるワケ。

 

なんの本かって、これまた久しぶりにはまっちゃって、

あっという間に全巻揃えた本

 

f:id:grenchan:20180107002510j:plain

 

 

京都寺町三条のホームズ (双葉文庫)

今、8巻まで出てるんです。

ということで、新年一発目はこれ。

 

天才インテリイケメンが繰り広げる、推理術。

でも、人は死なない。

私、平和主義だからwww

 

で、主人公?の女の子が、女子に好かれる王道なコ。

 

ひたむきで、謙虚で、かわいらしいコ。

 

京都の街並みが、本を読んでるだけでイメージできて、

アニメ化かドラマ化されてるかのようなリアルな展開を

自分の頭の中でくっきりはっきり妄想できちゃう作品です。

 

きっと、女子はこのイケメン好きなハズ!

 

 

1週目の本は、これにしましたー。

 

 

状況と感情を織り交ぜるのがイメージ化のポイント?「最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ」

みどりです。

(もうgrenchanめんどうだからやめた。そのころ知ってる人と交流ないし)

 

今日読んだ本は、

「最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ」

最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ (角川文庫)

 

・・・の、22ページから54ページ。

私読むの、おっそw

 

この本は、表紙のイケメン3人と、

「晩ごはん」に惹かれて買ったのです。

軽く読みたいと思うと、

食べ物がテーマの話になってしまう私(照)

 

で、この本は、

たまに難しい言葉や、意味はなんとなくわかるけど、なんて読むの?

みたいな言葉がでてくるのに、

すごい軽快に読めて、

かつ、頭の中で確実にイメージ化できていて、

ドラマが私の頭の中ではっきりと描かれているのです。

 

難しい言葉を使っていて、たらたら書いてる感じなのに、

ついつい、読み進めてしまうのです。

 

その要因は、

・事前に登場人物が紹介されていること

・情景描写と感情描写が良いバランスで描かれていること

なのかなと思います。

 

表現して、それをうまく伝えるには、

リズムが大事なので、難しい言葉を使うとそこでつまづいてしまって、

読む気が失せるのに、

その前後ではっきりと描かれているから、

イメージが途絶えないのかな。

 

それにしても、なかなか本題まで進めない。

読むのが遅い私。

 

どんな話なのかなー?(笑)